ウイルスバスターの設定

Windows系計算機を利用している場合はウイルス対策ソフトを導入すべきである。
本講義では東大情報基盤センターから支給されている「ウイルスバスター クラウド(トレンドマイクロ社)」を利用する。
この実習は手際よく行えば5分程度で終了する。

ダウンロード

トレンドマイクロ社の Webサイト を開き、「30日無料体験版を今すぐインストール」と書かれたボタンをクリックして、インストールプログラムをダウンロードする。
保存場所はデスクトップなどのわかりやすい場所を選ぶ。

インストールとオンライン登録

ダウンロードしたプログラムをダブルクリックして実行するとインストールが始まる。

  1. 「プログラム名: Trend Micro Titanium  確認済みの発行元: Trend Micro, Inc.」と表示されていることを確認した上で「はい」をクリックする。
  2. シリアル番号を入力し、「製品版」にチェックを入れて、「次へ」をクリックする。事前にシリアル番号を書いた紙を担当TAから受け取ってください。回収するので絶対になくさないこと
  3. 「使用許諾契約の確認」を読み、
    「コンピュータの端末環境情報をトレンドマイクロへ送信する」「脅威情報をトレンドマイクロへ送信する」のチェックを外して、
    「同意してインストール」をクリック。インストールが始まる。
  4. インストールが終了するまでしばらく待つ。
  5. 「セキュリティレポートをメールで受け取る」で「いいえ」を押す。
  6. 再起動が求められる場合がある。その場合、再起動してから(必要に応じて)2. - 4.を繰り返す。
    途中でメールアドレスを聞かれたら、2で製品版にチェックを入れ忘れている可能性が高いので、ウィンドウを閉じて1からやりなおす。
  7. 「お客様情報」が表示されたら「閉じる」を押す。

設定

スタートメニュー → 「ウイルスバスターの表示」を選択して起動。

プロキシの設定

  1. 「ランサムウェアからPCを守ります」などの宣伝告知が出た場合はウィンドウを閉じる。
  2. 歯車のようなボタンをクリックして、設定画面を開く。
  3. 左のメニューの「その他の設定」をクリックし、「ネットワーク設定」をクリック。
  4. 「プロキシサーバを使用してインターネットに接続する」と「コンピュータに保存したプロキシサーバ設定を使用する」にチェックが入っていることを確認する (選択されてなければ選択する) 。
  5. 「データ通信量を抑える」のチェックを外し、「適用」をクリック。


アップデート

画面右下の稼働中のアプリケーションの中から、ウィルスバスター クラウドのアイコンを探し、右クリック。
「手動アップデート」をクリックしてアップデートすること。再起動を求められたら再起動する。



お疲れ様でした

インストールが終わったら、必ずシリアル番号の書いてある紙を担当TAに渡すこと。

ą
click.png
(29k)
Yoshinori TANIMURA,
2017/04/02 20:36
ą
Yoshinori TANIMURA,
2017/04/02 20:36
ą
Yoshinori TANIMURA,
2017/04/02 20:36
Comments