ホーム‎ > ‎

Ruby入門

Rubyは日本発祥のプログラミング言語です。

Ruby をやりたいならとにもかくにも、実習用 PC に Ruby の処理系をインストールしてください。
この教材はどのコースの前提にもなっています。
以下に掲げる普通の教材は、谷村が書き、大堀が補足しました。(2013年度)
以下に掲げる普通でない教材は、高橋が書きました。(2016・2017年度)
2016 年度 計算数学 II の 4 班のテーマは Ruby 入門でした。何かの参考になるかもしれないので公開しておきます。
各ページにおけるサンプルプログラムをコピー・アンド・ペーストすると、行頭のインデントに使われているスペースが原因で Ruby 処理系通らない場合があります。この場合、ブラウザを変更してみてください。詳細は以下の通り(TA 荒田さんのコメントより)。
  • 件のページのサンプルコードには、インデントに通常のスペース (U+0020) 以外の文字 (no-break space; U+00A0) が含まれている(Google Sites の仕様かと思われます)
  • 多くの Web ブラウザーは、コピーの際にそれを通常のスペース (U+0020) に変換するようであるが、 Edge はそれをしない
  • Ruby は no-break space を空白として取り扱わない(対比: ECMAScript や Haskell は Unicode で Whitespace として扱われる文字を空白として取り扱う)