ホーム‎ > ‎

Lua 入門

はじめに

Lua は,他プログラムに組み込まれることを目的として作られたスクリプト言語の 1 つです.
文法がとてもシンプルであり,比較的高速に動作すると言われています.

また,非常に軽量であることも面白い点です.(機能の違いもあるのであまり良くない比較ですが)純粋にアーカイブのサイズで見ると,次のようになっています(いずれも 2015/6/28 現在最新の安定版):
  • Python-3.4.3.tar.gz: 18.6M
  • perl-5.22.0.tar.gz: 16.3M 
  • ruby-2.2.2.tar.gz: 15.8M
  • lua-5.3.1.tar.gz: 276K
    (この実習で使う 5.2 系は lua-5.2.4.tar.gz: 247K)

ページの分量が多いので,実習資料自体はいくつかに分割してあります.このページでは,宣伝文句やインストール方法を載せています.

インストール方法

実習環境の Ubuntu 16.04 LTS には標準でインストールされていないので,自分でインストールする必要があります.
2016/6/16 の時点では,lua50 (Lua 5.0.3), lua5.1 (5.1.5), lua5.2 (5.2.4), lua5.3 (5.3.1) から選べます.
ここでは Lua 5.2 をインストールします:

$ sudo apt-get install lua5.2

参考ページ

いくつか参考になるページを挙げておきます:
関連したプログラムとして,
  • http://luajit.org/ (LuaJIT: Lua の Just-In-Time Compiler.現時点では Lua 5.1 互換)

おまけ:Luaを組み込んだソフトウエア・ハードウエア

  • LuaTeX
    • http://www.luatex.org/ (LuaTeX: Lua を組み込んだ TeX エンジン)
    • LuaTeX の登場のおかげで,TeX の開発に関わる際には Lua を知っておくと役に立つ……かもしれません.
  • Vim
    • 最近のVimはLuaでマクロが書けるらしいです.
  • SciTE(テキストエディタ)
    • Luaでエディタの挙動を拡張できます.
  • ヤマハのルーター
    • Luaが組み込まれているものがあるようです.
  • FlashAir
    • FlashAirは、Wi-Fiを組み込んだSDカードです。Luaでプログラムを書くことにより、SDカードへのファイル書き込み時にWebのAPIを叩いたり、あるいは自作の電子回路に組み込んでSDカードの端子を制御したりできます。
  • 各種ゲーム
    • ゲーム用のスクリプトとして採用されていることがあるらしいです.

担当:北川 (2013 年度 計算数学I TA)
改訂:荒田 (2015 年度 計算数学I TA)