ホーム‎ > ‎

おまけ その他のLinux distribution

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下の内容は、2012年夏学期に書かれたものです。
Windows 7 を使用していたため、2013年以降の環境とは大幅に異なる可能性があります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Linuxのdistributionは、他にもたくさんあります。
http://distrowatch.com/を見てみよう!ここからリンクをたどって行くことで、ダウンロードもできる。)
 
以下では、TAがインストール実験を行ったいくつかのものについて、TAがとったメモを紹介します。
興味のある人は、こちらもいじってみてください。

・Linux Mint 12 (DVD 64bit Gnome版)

1.大まかな時間経過:
14:50-15:21 インストール&リブート(日本語でインストールする設定にして、後で述べるカスタム・レイアウト)
15:29-15:36 sudo apt-get update (環境変数は以下で述べる)
15:36-16:20 sudo apt-get upgrade (Ubuntu本家からダウンロードする設定になっていた。後で修正)
16:20-16:22-16:23 "yes"を適応した。(その後、日本語入力のibus-anthyをibus-anthyで追加した。)

2.パーティションのカスタム・レイアウト
940000MB / sda3(ext2)
 基本領域
7774MB sda4(swap)
 基本領域

3.環境変数やミラーの設定
~/.bash_rcではなく、.profileに、
export http_proxy="http://cache.ks.prv:8080/"
として、レポジトリ・サーバーの設定は、/etc/apt/sources.listに、
http://ftp.tsukuba.wide.ad.jp/Linux/mint/pool/
を追加した。

・Cent OS

1.時間
CD Bootは10分弱の起動時間が必要。インストールは20分弱。yum updateは6分。

2.パーティション
自動。

3.sudo
デフォルトでは使えない。(sudoersに登録されていない。)

4.日本語化
yum -y group install "Japanese Support"して
/etc/sysconfig/i18n の1行目を
lang = "ja_JP.UTF8" に変更。

5.yumについて
/etc/yum.conf に
proxy = http://cache.ks.prv:8080/
を追加。

・Vine 6.0 64bit

1.インストール完了まで
パーティションの選択以外は、ほとんど選択肢を選ぶだけ。
選択肢も、Jpnを選ぶ、入れたいアプリケーションを選ぶ程度。

2.proxy
システム→設定→インターネットとネットワーク→ネットワークプロクシ・・・と進めていっても設定ができない。
(入力はできるが、その後のアップデートはできなかった。)
そこで、
$sudo vi /etc/apt/apt.conf
でproxyを書き換える。
http::Proxy "http://cache.ks.prv:8080/";

3.update
$sudo apt-get update
$sudo apt-get upgrade
取得データは112MB、2分でインストール完了。

4.ブラウザ
firefoxが入っている。更新を押すと最新と言われるが、ブラウザヘルプを見るとセキュリティホールがあると言われる。
(使わない方が良さそう?)
chromeを導入。google.chrome_stable_current_x86_64.rpm をダウンロードして、
$sudo apt-get install (上のファイルがあるディレクトリ/上のファイル名)
でインストール。無事に動いた。

・Fedora16

1.インストール完了まで
パーティションの選択以外は、選択肢を選ぶだけ。
選択肢はJapanese、東京など簡単なもの。

2.日本語化
できず。Debianと同様に可能?

3.proxy、update
Debianと同様。
Comments