pLaTeX はじめの一歩(2012)

TeX Live 2012 pretest のインストール


TeX Live は世界中の TeX に関するプログラム・パッケージ類を収めたもので,毎年一回リリースされています.

今年のバージョンにあたる TeX Live 2012 では,TeX ユーザの集い 2011 における「ディストリビューションラウンドテーブル」を元にした,日本語対応の強化が行われています.

厳密に言うと,TeX Live 2012 はまだ公式にはリリースされておらず,pretest 段階ということになっています.しかし 2012/06/11 に frozen されたため,このままでも問題ないと判断し,実習には TeX Live 2012 pretest (2012/06/11) を使用します.

(外部からこのページを見ている人に向けての注.2012/6/30 ごろにバイナリの更新が行われたようです.)

ISO イメージのダウンロード

TeX Live 2012 DVD の ISO イメージは

ftp://download.ks.prv/mirror/texlive-iso/texlive2012-20120611.iso

にあります(計算機室内のみからアクセス可能)ので,6/22 の実習時にそれぞれの実習用 PC にダウンロードしておいて下さい.
以降の説明では,ホームディレクトリの直下にダウンロードしたものと想定しています.

ダウンロードしたファイルは,以下のいずれかの方法を用いてファイル内容の確認するのが便利です:
  1. 次のコマンド:

    $ md5sum texlive2012-20120611.iso

    の結果が

    f86bd0e72d8e75a7047b74221d346fa5 texlive2012-20120611.iso

    となっていることを確認する.

  2. 次のコマンド:

    $ sha256sum texlive2012-20120611.iso

    の結果が

    7e12cc4c97d7d38c2b3cf732617fd5ce29ba8a31179d68b4abd03d3c3bacf8f2 texlive2012-20120611.iso

    となっていることを確認する.

TeX Live 2012 の導入

この作業はそれなりにキー入力を伴うので,6/29 実習時に行うのが無難です.
端末内でインストール作業を行います.端末の画面をできるだけ大きくした方が良いでしょう.
また,キー入力は大文字・小文字を区別します.

  1. まず.ダウンロードした TeX Live 2012 の ISO ファイルをマウントします.
    $ mkdir ~/tlcd
    $ sudo mount -o loop ~/texlive2012-20120611.iso ~/tlcd

    このように,mount コマンドに「-o loop」オプションをつけることで,ISO イメージを(通常の CD/DVD のように)マウントすることができます.

  2. そして,そこからインストーラを起動します.

    $ cd ~/tlcd; sudo ./install-tl

  3. そのままだと,

    84 collections out of 85, disk space required: 3092 MB

    とあるように,3 GB 以上の容量を使ってしまいます.

    しかし実際に我々が使うのはその半分にも満たないので,以降 4.--6. のステップで不要なものをどんどん削っていきます.
    「全部入れたい」という人は別に 4.--6. をとばしていきなり 7. に行くというのもありですが,使うディスク容量とインストール時間は大幅に増加します.

  4. まず,大枠の scheme を設定します.「S」と入力し,scheme の選択画面に入ります.
    そこで「h」と入力し,teTeX scheme を選択します.

     a [ ] full scheme (everything)
     b [ ] medium scheme (small + more packages and languages)
     c [ ] small scheme (basic + xetex, metapost, a few languages)
     d [ ] basic scheme (plain and latex)
     e [ ] minimal scheme (plain only)
     f [ ] ConTeXt scheme
     g [ ] GUST TeX Live scheme
     h [X] teTeX scheme (more than medium, but nowhere near full)
     i [ ] XML scheme
     j [ ] custom selection of collections

    Actions: (disk space required: 1374 MB)


    選択が終わったら,「R」と入力してメインメニューに戻ります.

  5. 次に,メインメニューの状態から「C」と入力し,standard collection の設定画面に入ります.
    ConTeXt format, Omega packages, GNU Texinfo は普通は使わないので,各項目のチェックを,「d」「w」「z」と順に入力することで外します(一文字入力するごとに Enter を押します).

     a [X] Essential programs and files     o [X] Basic LaTeX packages  
     b [ ] Extra BibTeX styles              p [ ] LaTeX supplementary packages
     c [ ] TeX auxiliary programs           s [X] LaTeX recommended packages  
     d [ ] ConTeXt format                   t [ ] LuaTeX packages  
     e [X] TeX Live documentation           u [X] Advanced math typesetting  
     f [ ] Extra fonts                      v [ ] Music typesetting  
     g [X] Recommended fonts                w [ ] Omega packages  
     h [X] Graphics and font utilities      x [X] Graphics packages and programs  
     i [ ] Extra formats                    y [X] PSTricks packages  
     j [ ] Games typesetting                z [ ] GNU Texinfo  
     k [ ] Extra generic packages           A [ ] TeXworks editor  
     l [X] Recommended generic packages     B [ ] Windows support programs  
     m [ ] HTML/SGML/XML support            C [ ] XeTeX packages  
     n [ ] Humanities packages  
     D [X] MetaPost (and Metafont) drawing packages
     E [ ] Plain TeX supplementary packages
     F [ ] Support for publishers, theses, standards, conferences, etc.
     G [ ] Typesetting for natural and computer sciences

    Actions: (disk space required: 1277 MB)

    終わったら,また「R」と入力してメインメニューに戻ります.

  6. メインメニューの状態から「L」を押して,language collections の設定画面に入ります.Language support の Chinese, Japanese, Korean と US and UK English の項目にチェックが入っていることを確認して下さい.
    あとはどうしても構いませんが,ここでは Mongorian, Greek, Vietnamese, Polish, Cyrillic を削除(それぞれ「x」「n」「6」「0」「f」の入力に対応)することにします.

    Language support:

     a [ ] African scripts             s [ ] Indic scripts 
     b [ ] Arabic                      t [X] Italian  
     c [ ] Armenian                    u [X] Latin  
     d [X] Chinese, Japanese, Korean   v [ ] Latvian  
     e [X] Croatian                    w [ ] Lithuanian  
     f [ ] Cyrillic                    x [ ] Mongolian  
     g [X] Czech/Slovak                y [X] Norwegian  
     h [X] Danish                      z [X] Other hyphenation patterns  
     i [X] Dutch                       0 [X] Polish  
     j [X] US and UK English           1 [X] Portuguese  
     k [X] Finnish                     2 [X] Spanish  
     l [X] French                      3 [X] Swedish  
     m [X] German                      4 [ ] Tibetan  
     n [ ] Greek                       5 [ ] Turkmen  
     o [ ] Hebrew                      6 [ ] Vietnamese  
     p [X] Hungarian

    Language-specific documentation:

     A [ ] Arabic documentation         M [ ] Mongolian documentation  
     B [ ] Bulgarian documentation      N [ ] Polish documentation  
     C [ ] Chinese documentation        O [ ] Portuguese documentation  
     D [ ] Czech/Slovak documentation   P [ ] Russian documentation  
     E [ ] Dutch documentation          S [ ] Serbian documentation  
     F [ ] English documentation        T [ ] Slovenian documentation  
     G [ ] Finnish documentation        U [ ] Spanish documentation  
     H [ ] French documentation         V [ ] Thai documentation  
     I [ ] German documentation         W [ ] Turkish documentation  
     J [ ] Italian documentation        X [ ] Ukrainian documentation  
     K [ ] Japanese documentation       Y [ ] Vietnamese documentation  
     L [ ] Korean documentation

    Actions: (disk space required: 1106 MB)

    いつものように,終わったら「R」と入力してメインメニューに.

  7. 次に,メインメニューの状態から「O」を押して,options の設定画面に入ります.
    font/macro source tree は開発者以外はいらないので,「S」と入力してチェックを外します.
    after installation, get package updates from CTAN も,「Y」と入力してチェックを外しておきます.
    ドキュメント類は非常に有用なので,font/macro doc tree の項目はチェックは入ったままにしておきます.

    一方,create symlinks in standard directories は(「L」と入力して)チェックをオンにするのが便利です,
    途中で「New value for ...」とディレクトリ名を 3 回聞かれますが,どれもデフォルトで良いので単に Enter キーを押すだけで良いです.

    Options setup:

     <P> use letter size instead of A4 by default: [ ]
     <E> execution of restricted list of programs: [X]
     <F> create format files:                      [X]
     <D> install font/macro doc tree:              [X]
     <S> install font/macro source tree:           [ ]
     <L> create symlinks in standard directories:  [X]
                binaries to: /usr/local/bin
                manpages to: /usr/local/man
                info to: /usr/local/info
     <Y> after installation, get package updates from CTAN: [ ]

    Actions: (disk space required: 1043 MB)

    いつものように,終わったら「R」と入力してメインメニューに.

  8. これで準備が整いました.メインメニューの状態から「I」と入力してインストールを開始します.

    Installing to: /usr/local/texlive/2012
    Installing [001/634, time/total: ??:??/??:??]: 12many [369k]

    などとメッセージが出てきますので,しばらく待ちます.

    Welcome to TeX Live!
    Logfile: /usr/local/texlive/2012/install-tl.log

    というメッセージが出たら,インストールは終了です.

  9. 使った ISO イメージはこのままマウントしたままでも構いませんし,次の方法でアンマウントしても構いません:
    sudo umount ~/tlcd

    このままマウントしたままで使う人は,カレントディレクトリを ~/tlcd 以下以外のところに移動しておきましょう.

はじめての LaTeX

適当なエディタ(nano でも gedit でも,何でも)で,次の内容を持った first.tex を作ります:

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
はじめの一歩
\[
  \int_0^\infty e^{-x^2}\,dx = \frac{\sqrt{\pi}}{2}.
\]
ちょっとチェックしちゃった。
\end{document}

大文字と小文字,全角文字と半角文字は厳密に区別されます.「\環境によっては円記号見えるかもしれません

その後,端末で

$ platex first

と入力し,platex でタイプセットを行います.うまくいけば

This is e-pTeX, Version 3.1415926-p3.3-110825-2.4 (utf8.euc) (TeX Live 2012)
restricted \write18 enabled.
entering extended mode
……中略……
Output written on first.dvi (1 page, 788 bytes).
Transcript written on first.log.

とメッセージが出てコマンドの実行が終了します.ls コマンドでどのようなファイルができているか確認してください。

pLaTeX が生成した文書の情報は first.dvi に含まれており,処理のログは first.log に書き込まれています.

「xdvi などのソフトウェア(Windows では dviout が有名)を用いて,dvi ファイルを表示して中身を確認する」ことが伝統的でしたが,最近は dvi から PDF ファイルを作成し,それを中身の確認にも使ってしまう,ということがだんだん多くなっているようです.ここでは PDF ファイルを作成し,それを表示させることにします(dvi ファイルを直接表示させたい,という場合は dvi ファイルの表示 を参照).

first.dvi から first.pdf を作成するには,以下のコマンドを入力します.

$ dvipdfmx first

すると,次のようなメッセージが出て first.pdf が作成されます:

first.dvi -> first.pdf
[1]
7063 bytes written

first.pdf は,例えば

$ evince first.pdf &    # evince を使って表示させたい場合
$ acroread first.pdf &  # Adobe Reader を使って表示させたい場合

で表示することができます.evince は pdf の中身が更新されると自動で表示を更新してくれるようです.
pdf の表示がうまくいかない(日本語が欠ける,など)場合は,Debian Tips のページを参照して設定を行って下さい.

エラーが起きたら

platex でタイプセット処理中に,エラーが表示されることがあります.以下は一例です:

! Undefined control sequence.
<recently read> \Begin

l.2 \Begin
      {document}
?

この場合,「x」と入力すればとりあえずタイプセットは終了します.その後,画面上のこのエラーメッセージ(log ファイルにも同じエラー内容が記述されます)ので,エラーの内容にしたがって first.tex の内容を修正することになります.

ちなみに,このエラーは「\begin{document}」と書くべきところを,誤って「\Begin{document}」と書いてしまったことに由来するものです(\Begin という命令はない).

エラーメッセージの内容については,TeX Wiki 中の「LaTeX のエラーメッセージ」「TeX のエラーメッセージ」を参照して下さい.
なお,滅多に起こらないはずですが,以下のいずれかの症状が起こった場合は,TA に連絡して下さい:
  • ! This can't happen」というエラーメッセージが発生したとき
  • 「Segmentation fault」「セグメンテーション違反です」となどメッセージが出て,強制終了したとき

繰り返し

編集して platex でタイプセットして dvipdfmxで pdf に変換して…… を何回も行なう時,コマンド行は

$ platex first; dvipdfmx first

と一行にしておくと,過去のコマンドを再実行するシェルのヒストリ機能が便利に使えるのですが,どうせなら

$ platex first && dvipdfmx first

にすると,もし platex がエラーで止まってしまった場合に dvipdfmx を起動しない(しても無駄ですよね?)のでいいかもしれません.

さらに,もっと複雑なことをする場合(複数のファイルに分かれているとか,bibtex など別のプログラムも走らせるとか)は、シェルスクリプトにしたり,make コマンドを使ったりするといいでしょう.(make は今回の計算数学Iでは扱いませんでした。興味のある人は TA に尋ねてください.) 

この先は

これで TeX の処理ができるようになったので,あとは LaTeX の文法を勉強するだけです。
TeX Wiki の「TeX 入門」などや,はいぱーワークブック の「27. LaTeX」によって試しながら進めてください.

なお,数学を続けるつもりの人は TeX でストレスなく数式を含む文書を作成できるようになっておく必要があります.TeX Wiki の「TeXの本」などを参照して,練習しておいてください.

ただし,一番肝心なのは自分が書く文章の中身だということをくれぐれも忘れずに.

サブページ (1): dvi ファイルの表示
Comments