Hyper-Vネットワーク設定

Hyper-Vで作った仮想マシンに対してネットワーク接続を行う。仮想マシンは既に作ってあるとする。
初期状態から出発して仮想ネットワークを構成し、完成図の形にしたい。

初期状態:
Hyper-Vネットワーク初期状態
完成図:
Hyper-Vネットワーク完成図

やることは以下の通り。
  1. Hyper-V内に仮想ネットワークを作る
  2. 仮想マシンを仮想ネットワークに接続する
  3. WindowsでNAT, DHCPなどのサービスを起動する
  4. 動作確認

Hyper-V内に仮想ネットワークを作る

  1. Hyper-Vマネージャーを起動
  2. 左ペインにあるマシン名を選択する。
    • 存在しない場合はメニューから「操作 ➡ サーバーに接続 ➡ ローカルコンピューター」を選択する。
  3. 「操作(右ペイン) ➡ 仮想スイッチマネージャー」で「(マシン名)の仮想スイッチマネージャー」を開く。
    1. 右ペイン「仮想スイッチの作成」で「内部」を選択し、「仮想スイッチの作成」を押す。
    2. 仮想スイッチのプロパティで名前を適当につける(以下では"sw1"とする)
    3. OKを押して終了。
ここまでで以下の図のようになった。
Hyper-Vネットワーク 仮想ブリッジ設定後

仮想マシンを仮想ネットワークに接続する

  1. 引き続き、Hyper-Vマネージャーで作業
  2. 仮想マシンが動いていたら停止する(ゲストOSをシャットダウンし、Hyper-Vマネージャーで「操作 ➡ 停止」)
  3. 左側ペインでマシン名を選択し、右側ペインMathLibre下の「設定」を押す。「(マシン名) 上の MathLibre の設定」というウィンドウが開く。
    1. 左側ペインに「ネットワークアダプター」が存在するのを確認し、これを選択する。
      • 存在しない場合、左側ペイン「ハードウェアの追加」を選択し、右側ペインのリストから「ネットワークアダプター」を選択して「追加」をクリックすると、ネットワークアダプターが追加される。
    2. 右側ペインの「仮想スイッチ(S):」と書いてあるプルダウンリストから"sw1"を選択し、OKを押す。
ここまでで以下の図のようになった。
Hyper-Vネットワーク 仮想マシン接続

WindowsでNAT, DHCPなどのサービスを起動する

  1. Cortanaか検索の窓に「コントロールパネル」と入力し、「コントロールパネル デスクトップアプリ」を起動
  2. 「ネットワークとインターネット」➡「ネットワークと共有センター」➡「アダプターの設定の変更」(左の方にある)を選択
    • 「ネットワークと共有センター」までは検索から一発で開くこともできる。
  3. 「イーサネット」のほかに「vEthernet (sw1)」があることを確認
  4. 「イーサネット」 ➡ 「プロパティ」とクリックする。
    1. 上部「共有」タブをクリックする。
    2. 「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する」にチェック
    3. 「ホームネットワーク接続」というタブが有ればvEthernetを選ぶ(他にネットワークインターフェイスがなければ無い)
    4. OKを押して「イーサネットのプロパティ」ウィンドウを閉じる。
    5. 「閉じる」を押して「イーサネットの状態」ウィンドウを閉じる。
  5. vEthernet (sw1)」  「プロパティ」とクリックする。
    1. 「ネットワーク」タブの項目のうち「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」の文字の部分をクリック(チェックを外さないように注意)し、「プロパティ」をクリックする。
    2. IPアドレスが"192.168.137.1"になっていることを確認し、「キャンセル」を押して「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)のプロパティ」ウィンドウを閉じる
    3. 再び「キャンセル」を押してvEthernet (sw1)のプロパティ」ウィンドウを閉じる。
これで完成。
Hyper-Vネットワーク 完成図

動作確認

  1. Hyper-Vマネージャーで仮想マシン起動
  2. MathLibreウィンドウ下端の [>_ ] という形のアイコンをクリックし、ターミナルを開く。
    • タイトルバーに"user@debian: ~" と表示されたウィンドウが表示される。
  3. ターミナルに以下のコマンドを入力する ($より右側を入力する)
    user@debian:~$ sudo /sbin/ifconfig
  4. eth0インターフェイスに192.168.137.*のIPアドレス(*は任意の数)がついていれば良い。

Webプロキシ

Webを参照するには、Windowsインストールで行ったのと同じようにプロキシの設定をする必要があります。
ここではIceweaselというブラウザでの設定を解説します。(Chromiumを使いたい人は調べてみよ)
  1. 画面左下のアイコン 「インターネット」 ➡ Iceweasel を起動する。
  2. メニュー右端の"Ξ"状のアイコン ➡ 「設定」をクリック
  3. 「詳細」をクリックし、「ネットワーク」タブを選択。
  4. 「接続設定」をクリック。
    1.  「手動でプロキシを設定する」にチェックを入れる。
    2. 「HTTPプロキシ」に cache.ks.prv を、「ポート」に 8080 を入力。
    3. 「すべてのプロトコルでこのプロキシを使用する」をチェック。
    4. 「プロキシなしで接続」の欄に以下を追記。 ", .ks.prv" (コンマ、ピリオドに注意)
      • 全体としては"localhost, 127.0.0.1, .ks.prv"となる。
    5. 「OK」を押して終了
  5. Web閲覧が可能なことを確かめる。

参考文献

Comments