ホーム‎ > ‎

自作OS

「30日でできる! OS自作入門 」(川合秀実著)に沿って実習を行った(2013, 2015, 2016年度)。
この本 (2006年出版) では OS イメージはフロッピーディスク用に設計されているため、以下の方法で現代的な boot を試みた。

(1) フロッピーディスクの img ファイルiso ファイルに変換して CD-R で boot する方法
  1. fdtoiso (起動FDイメージをISOイメージに変換するプログラム」 を参照) を使う。今回はGUI アプリケーション版を使用した。
(2) フロッピーディスクの img ファイルを USB メモリで boot する方法
  1. ここでは USB メモリは FAT32 でフォーマットしておく。
  2. Rufus (起動可能なUSBドライブを簡単に作ろう」参照) を使う。
※ (1)で作った CD 用の iso ファイルを(2)の手順を用い USB ブートを試みても失敗した。
※ (1)も(2)も2015年度組み立て PC ではうまく行かなかった。
※ USB マウスの入力はなぜか受け付けず、PS/2 マウスの入力は受け付けた(USB キーボードは大丈夫)。 [2016/12/22 更新]
Comments