パーティションの設定

この実習環境では,a, b, c マシンによってパーティションの設定が異なるので,注意すること.
なお,ディスクのパーティショニング」中の「ソフトウェア RAID の設定」「論理ボリュームマネージャの設定」「暗号化されたボリュームの設定」は使用しない.

パーティションの作成方法

パーティションを作成するには,まず「ディスクのパーティショニング」中にある

             27.6 GB      空き領域

といった「空き領域」の行にカーソルを合わせる.この段階で Enter を押すと.

空き領域の利用方法:
新しいパーティションの作成
ガイドによるパーティショニング
シリンダ/ヘッダ/セクタの情報を表示

という選択画面が表示されるので,「新しいパーティションの作成」を選択する.すると,
  1. c マシンのみ,新しいパーティションのタイプが問われることがあるので,論理パーティションを選択.
  2. 新しいパーティションのサイズを問われるので,以降の説明で指示された容量を入力する.
  3. 次の「新しいパーティションの場所」は,先頭を選ぶ.
  4. この後,「パーティション設定」のダイアログが表示される:

    名前:
    利用方法:            ext4 ジャーナリングファイルシステム
    マウントポイント:    /
    マウントオプション:  defaults

    ラベル:              なし
    予約ブロック:        5%
    典型的な利用方法:    標準
    起動フラグ:          オフ

    の項目があるので,「利用方法」「マウントポイント」「マウントオプション」の項目を以降の説明で指示されているように設定する.

    マウントオプションの設定画面では,

    [ ] noatime - アクセスごとでの……
    [ ] relatime - 変更時刻によって……
    ……

    のように項目が並んでいるので,項目を上下キーで選び,スペースキーでon/off を切り替える(* つきが有効になっているオプション).

  5. 最後に,「パーティションのセットアップを終了」を選択する.
これでやっと 1 つのパーティションの作成が終わる.

a マシン(2013 年度組立)

a マシンにおいては,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである(SCSI の後ろの番号は異なっているかもしれない):

SCSI1 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本  32.0 GB      fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

まず,一番上の

SCSI1 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06

を選択し,Enter キーを押すと,

すべてのデバイスのパーティションを選択しました。
……このデバイスに新しい空のパーティションテーブルを作成しますか?

などとメッセージが出るので,「はい」を選択する.

この段階で,

SCSI1 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
               60.0 GB      空き領域
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本  32.0 GB      fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

のようになっているので,2 行目の「空き領域」を選択し,そこから 3 つのパーティションを作成する.

容量利用方法マウントポイントマウントオプション
128 MB EFI ブートパーティション設定不可設定不可
128 MBext4/bootnoatime
(残り全部)ext4/noatime

下の「Sandisk Extreme」「OCZ-REVODRIVE3」などと表示されている行は,
それぞれ USB メモリと Windows のインストールされている SSD であるから,絶対にいじってはならない.

3 パーティションの作成が終わった時,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである:

SCSI1 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
                 1.0 MB        空き領域
     1.        126.9 MB  B  F  EFIboot
     2.        127.9 MB     F  ext4        /boot
     3.         59.8 GB     F  ext4        /
               925.2 KB        空き領域
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本   32.0 GB        fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

b マシン(2011 年度組立)

b マシンにおいては,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである(SCSI の後ろの番号は異なっているかもしれない):

SCSI6 (0,0,0) (sda) - 80.0 GB ATA INTEL SSDSA2M080
                 1.0 MB        空き領域
     1.        314.6 MB        ntfs      Basic data p
     2.        104.9 MB  B  K  EFIboot   EFI system p
     3.        134.2 MB                  Microsoft re
     4.         51.9 GB        ntfs      Basic data p
                27.6 GB        空き領域
SCSI19 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本   32.0 GB        fat32

「27.6 GB 空き領域」のところを選択し,そこから 2 つのパーティションを作成する.

容量利用方法マウントポイントマウントオプション
128 MBext4/bootnoatime
(残り全部)ext4/noatime


パーティション 4. の後に空き領域がちょっと(MB や KB 単位になっている)しかなく,上の表に従って作れない人は,TA に相談すること.既に作成されている 1.〜4. の 4 つのパーティションは Windows 8 用のものであるため,いじってはならない.

3 パーティションの作成が終わった時,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである:

SCSI6 (0,0,0) (sda) - 80.0 GB ATA INTEL SSDSA2M080
                 1.0 MB        空き領域
     1.        314.6 MB        ntfs      Basic data p
     2.        104.9 MB  B  K  EFIboot   EFI system p
     3.        134.2 MB                  Microsoft re
     4.         51.9 GB        ntfs      Basic data p
     5.        127.9 MB     f  ext4                    /boot
     6.         27.5 GB     f  ext4                    /

                73.2 KB        空き領域
SCSI19 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本   32.0 GB        fat32

c マシン(2009 年度組立)

c マシンにおいては,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである(SCSI の後ろの番号は異なっているかもしれない):

 SCSI3 (0,0,0) (sda) - 1.0 TB ATA Hitachi HDT72101
     1.  基本  367.0 MB  B     ntfs    
     2.  基本   52.1 GB        ntfs
               947.8 GB        空き領域
SCSI19 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本   32.0 GB        fat32


「947.8 GB 空き領域」のところを選択し,そこから 2 つのパーティションを作成する.

容量利用方法マウントポイントマウントオプション
128 MBext4/bootnoatime
30〜50 GBext4/noatime


ディスク容量が 900 GB 以上も余っているのに 50 GB しか使わないのは,c マシンではただでさえ遅いインストールが,さらに大きなパーティションの初期化のために遅くなってしまうことを防ぐためである.

パーティション 2. の後に空き領域がちょっと(MB や KB 単位になっている)しかなく,上の表に従って作れない人は,TA に相談すること.既に作成されている 1.〜2. の 2 つのパーティションは Windows 8 用のものであるため,いじってはならない.

パーティションの設定の終了

Debian をインストールする 2 or 3 つのパーティションを無事作成し終えたら,「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選択する.
すると,

スワップスペースとして使うパーティションを何も選んでいません。
……パーティショニングメニューに戻りますか?

と問われるが,無視して「
いいえ」を選ぶ.最後に

続けると,以下に挙げた変更はディスクに書き込まれます.あるいは,
……ディスクに変更を書き込みますか?

と聞かれるので,「はい」を選択する.これでパーティショニングの設定は完了である.引き続き Debian インストール のページに戻ってインストール作業を続けて欲しい.
Comments