パーティションの設定 (2015)

この実習環境では,a, b マシンによってパーティションの設定が異なるので,注意すること.
なお,「ディスクのパーティショニング」中の「ソフトウェア RAID の設定」「論理ボリュームマネージャの設定」「暗号化されたボリュームの設定」は使用しない.

パーティションの作成方法

ここではパーティションの作成方法一般について解説する。各マシンでどのようなパーティションを作るかについては、次節以降を参照すること。
パーティションを作成するには,まず「ディスクのパーティショニング」中にある

             27.6 GB      空き領域

といった「空き領域」の行にカーソルを合わせる.この段階で Enter を押すと.

空き領域の利用方法:
新しいパーティションの作成
ガイドによるパーティショニング
シリンダ/ヘッダ/セクタの情報を表示

という選択画面が表示されるので,「新しいパーティションの作成」を選択する.すると,
  1. 新しいパーティションのサイズを問われる.次節以降の説明をよく読みながら、適切な容量を入力する.
  2. 次の「新しいパーティションの場所」は,先頭を選ぶ.
  3. この後,次のような「パーティション設定」というダイアログが表示される:

    名前:
    利用方法:            ext4 ジャーナリングファイルシステム
    マウントポイント:    /
    マウントオプション:  defaults
    ラベル:              なし
    予約ブロック:        5%
    典型的な利用方法:    標準
    起動フラグ:          オフ

    の項目があるので,「利用方法」「マウントポイント」「マウントオプション」の項目を以降の説明で指示されているように設定する.

    マウントオプションの設定画面では,

    [ ] noatime - アクセスごとでの……
    [ ] relatime - 変更時刻によって……
    ……

    のように項目が並んでいるので,項目を上下キーで選び,スペースキーでon/off を切り替える(* つきが有効になっているオプション).

  4. 最後に,「パーティションのセットアップを終了」を選択する.
これでやっと 1 つのパーティションの作成が終わる.

a マシン(2015 年度組立)

a マシンにおいては、「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである(SCSI の後ろの番号は異なっているかもしれない)。

SCSI5 (0,0,0) (sda) - 128.0 GB ATA ADATA SP900NS38
                1.0 MB        空き領域
     1.       314.6 MB        ntfs
     2.       103.8 MB  B  K  ESP
     3.       134.2 MB      
     4.       100.5 MB        ntfs
               30.0 GB        空き領域
SCSI7 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.
  基本  
32.0 GB        fat32

「30.0 GB 空き領域」などとあるところ(自分で空けた分の容量が表示されているはず)を選択し、そこから 2 つのパーティションを作成する。

容量 利用方法 マウントポイント マウントオプション
128 MB ext4 /boot noatime
(残り全部) ext4 / noatime


パーティション 4. の後に空き領域がちょっと(MB や KB 単位になっている)しかなく,上の表に従って作れない人は、Debian インストール (2015) に戻ってWindowsのパーティション設定をやりなおす。既に作成されている 1.〜4. の 4 つのパーティションは Windows 8 用のものであるため、いじってはならない。

3 パーティションの作成が終わった時,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである:

SCSI5 (0,0,0) (sda) - 128.0 GB ATA ADATA SP900NS38
                 1.0 MB        空き領域
     1.        314.6 MB        ntfs
     2.        103.8 MB  B  K  ESP
     3.        134.2 MB      
     4.        100.5 MB        ntfs
     5.        127.9 MB     F  ext4                    /boot
     6.
         27.5 GB     F  ext4                    /
                 73.2 KB        空き領域
SCSI7 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本    32.0 GB        fat32

b マシン(2013 年度組立)

b マシンにおいては,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されているはずである(SCSI の後ろの番号は異なっているかもしれない)。

SCSI2 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
                 1.0 MB        空き領域
     1.        126.9 MB  B  F  ESP
     2.        127.9 MB     F  ext4        /boot
     3.         59.8 GB     F  ext4        /
               925.2 KB        空き領域
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本  32.0 GB      fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

青くなっている 1. から 3. の部分は、前年度にインストールされたLinuxのパーティションである。
これらをひとつずつ消去してまっさらにしたあと、もう一度同じパーティションを自分の手で作るのが b マシンでの仕事。
まずは既存のパーティションを削除する。たとえば、

     1.        126.9 MB  B  F  ESP

を選択し、Enter キーを押すと、このパーティションの編集画面に移る。いろいろな情報が書いてあるが、「パーティションの削除」を実行する。
この作業を繰り返して 1. から 3. のすべてのパーティションを削除すると、次のようになるはずである。

SCSI2 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
               60.0 GB      空き領域
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本  32.0 GB      fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

ここで、2 行目の「空き領域」を選択し,そこから新しく 3 つのパーティションを作成する。

容量 利用方法 マウントポイント マウントオプション
128 MB  EFI システムパーティション 設定不可 設定不可
128 MB ext4 /boot noatime
(残り全部) ext4 / noatime

下の「Sandisk Extreme」「OCZ-REVODRIVE3」などと表示されている行は,
それぞれ USB メモリと Windows のインストールされている SSD であるから,絶対にいじってはならない.

3 つのパーティションの作成が終わると,「ディスクのパーティショニング」は以下のように表示されている(要は最初の状態に戻ったことがわかるはず)。

SCSI2 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA INTEL SSDSC2CT06
                 1.0 MB        空き領域
     1.        126.9 MB  B  F  ESP
     2.        127.9 MB     F  ext4        /boot
     3.         59.8 GB     F  ext4        /
               925.2 KB        空き領域
SCSI9 (0,0,0) (sdb) - 32.0 GB Sandisk Extreme
     1.  基本   32.0 GB        fat32
SCSI10 (0,0,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3
SCSI10 (0,1,0) (sda) - 60.0 GB ATA OCZ-REVODRIVE3

パーティションの設定の終了

Debian をインストールする 2 or 3 つのパーティションを無事作成し終えたら,「パーティショニングの終了とディスクへの変更の書き込み」を選択する.
すると,

スワップスペースとして使うパーティションを何も選んでいません。
……パーティショニングメニューに戻りますか?

と問われるが,無視して「
いいえ」を選ぶ.最後に

続けると,以下に挙げた変更はディスクに書き込まれます.あるいは,
……ディスクに変更を書き込みますか?

と聞かれるので,「はい」を選択する.これでパーティショニングの設定は完了である.引き続き Debian インストール のページに戻ってインストール作業を続けて欲しい.
Comments