Debian Tips

ソフトウェアの更新方法

Debian 8.0 は安定版のため,ソフトウェアのバージョンが上がることはあまりありません.
しかし,セキュリティ対策のための更新がなされることはあるので,毎受講時のはじめに次を実行するようにしてください.
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get dist-upgrade

ハードウェアクロックの設定

Windowsはハードウェアクロックを地方時(local time)として扱いますが、LinuxはデフォルトではハードウェアクロックをUTCとして扱います。そのため、Linuxインストール直後は実際の時間よりも9時間進んだ時間が表示されます。

解決するには、Linuxの設定を変えてハードウェアクロックを地方時として解釈させるか、Windowsの設定を変えてハードウェアクロックをUTCとして解釈させます。

前者の方法(Linuxの設定を変える)で解決するには、ターミナルで

$ sudo timedatectl --adjust-system-clock set-local-rtc yes

を実行します。 --adjust-system-clock をつけないと間違った時刻がそのままになりますが、 --adjust-system-clock をつけると、ハードウェアクロックの解釈の変更に従ってシステム時刻が変わります。

後者の方法(Windowsの設定を変える)で解決するには、Windowsのレジストリをいじります。詳しくは、下の参考リンクを参照してください。

参考:Time - ArchWiki 時刻 - ArchWiki

デュアルブートの方法 (2015年 b マシン)

bマシンに搭載されている、Windowsをインストールした SSD である "OCZ RevoDrive3" は、Linux環境から正常に認識されません。

このためDebianのインストール中に、既にWindowsが存在することが検出できないため、デュアルブート不可能な状態になってしまいました。

しかし、BIOSの設定でファストブートをオフにすれば、BIOS/UEFIのレベルでは RevoDrive のドライバが読み込まれるため、grubからWindowsのドライブを認識することはできます。

そこで、以下のように設定すると、bマシンでもデュアルブートができるようになります。

  1. Linuxを起動する
  2. ターミナルで次のように打ち込む
  3. $ sudo -s
    # cd /etc/grub.d/
    # cp 40_custom 50_windows
  4. (nanoなどのエディタで)50_windows の末尾に以下のように書く
  5. menuentry 'Windows Boot Manager' --class windows --class os {
        insmod part_gpt
        insmod fat
        set root='hd0,gpt2'
        chainloader /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
    }
  6. 以下を実行
  7. # grub-mkconfig > /boot/grub/grub.cfg
  8. 再起動し、BIOSの設定でファストブートをオフにする(BIOSの「起動 (Boot)」タブの一番上に設定がある)。

evince で日本語 pdf を表示する(2015 年度未確認)

インストールしたままの状態だと,evince(「ドキュメント・ビューア」)で日本語を含んだ pdf が正常に表示されないことがあります.表示させるには,次のようにします.
  1. poppler-data パッケージをインストールします.
    $ sudo apt-get install poppler-data
  2. これで一応表示はできるようになりましたが,日本語の部分が全部ゴシック体になってしまいます.それを修正するため,ホームディレクトリ内に .fonts.conf という名前で,次の内容のファイルを作ります:
    <?xml version="1.0"?>
    <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
    <fontconfig>
    <match target="pattern">
    <test qual="any" name="family">
    <string>Ryumin</string>
    </test>
    <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>IPAMincho</string>
    </edit>
    </match>
    </fontconfig>

Adobe Reader をインストールする

2013年度に使っているDebian 7.0ではやり方が大幅に変わりました。
簡単確実な方法は見つかっていません。(2013/06/04)

Adobe 社が作っている Adobe Reader の Linux 版を使いたい場合は,次のようにしてインストールする必要があります.
  1. Adobe Reader を動作させるために必要なパッケージをインストールします.
    $ sudo apt-get install ia32-libs-gtk
  2. Adobe 社のページ (http://get.adobe.com/jp/reader/) にアクセスします.
  3. 「今すぐダウンロード」はここでは押さずに,「別の言語版または別のオペレーティングシステムをお持ちですか?」をクリック.
  4. オペレーティングシステムを「Linux」,言語を「English」,バージョンを「Reader 9.5.1 English for Linux (.bin)」と順番に選択し,「今すぐダウンロード」をクリック.
  5. ダウンロードしたファイルはホームディレクトリの中に保存する.
  6. 以下の手順で Adobe Reader をインストールする.
    $ sudo chmod +x AdbeRdr9.5.1-1_i486linux_enu.bin
    $ sudo ./AdbeRdr9.5.1-1_i486linux_enu.bin
  7. 途中で「Enter installation directory ...」と聞かれるが,何も入力せずそのまま Enter を押す.
これでいちおうインストールはできましたが,日本語を表示するには日本語フォントパックをインストールする必要があります.
  1. 下の方の「ADD-ONS」から「Adobe Reader 9.1 Font Packs - Japanese」を選択.「Proceed to Download」→「Download Now」とクリックしダウンロードする.
  2. 同じように,ダウンロードしたファイルはホームディレクトリの中に保存しておく.
  3. フォントパックのインストールを開始する.
    $ tar jxf FontPack910_jpn_i486-linux.tar.bz2
    $ sudo JPNKIT/INSTALL
  4. 「Continue installation?」はもちろん「Y」を入力
    「Please type ...」で「accept」と入力し,Enter
    「Enter the location ...」はそのままでいいので何も入力せず Enter.
Adobe Reader は「アプリケーション」→「オフィス」→「Adobe Reader 9」から実行できます.

Iceweasel のアップデート

Iceweasel は商標の関係で Mozilla Firefox から独立したものです. Debian wiki のページ (http://wiki.debian.org/Iceweasel) によると

What is iceweasel?

Iceweasel is a fork [from Firefox] with the following purpose:
1. backporting of security fixes to declared Debian stable version.
2. no inclusion of trademarked Mozilla artwork (because of #1 above)

Beyond that, they will be basically identical. (quoting Roberto C. Sanchez post in debian-devel mailing list)

とのことです.

Iceweasel の最新版にアップデートしたい場合は次のようにします:
  1. /etc/apt/sources.list を編集 (nano はお好みのエディタに置き換えてよい):
    $ sudo nano /etc/apt/sources.list
  2. 末尾に以下の 2 行を追加して保存: (nano を使っている場合は Ctrl-X, Y, Enter の順に押す):
    deb http://mozilla.debian.net/ jessie-backports iceweasel-release
  3. この内容を反映して, Iceweasel を更新する.
    $ sudo apt-get install pkg-mozilla-archive-keyring
    $ sudo apt-get update

    $ sudo apt-get install -t jessie-backports iceweasel
アップデート後は,余計な旧バージョンのパッケージを削除しておきます:

$ sudo apt-get autoremove


Comments